• 株式会社グロップ
  • 株式会社アン・ドゥー
  • 旭ホールディングス株式会社
  • おかやま信用金庫
  • 山陽新聞社
  • 株式会社ウィンスポーツ(PENALTY/ペナルティ)
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2012.01.18

お知らせ

2012 蒜山雪山登山キャンプ2日目

2日目を迎えた蒜山キャンプは5時起床でスタート。天候は曇りで登山をするにはベストの天候となりました。

各テントから出てきた選手たちは、朝食を食べたり、登山に向けての準備など、朝から忙しい日程で1日が始まりました。

今回の登山はグループに別れ、出発時間に幅をもたせグループの判断で出発するという流れでした。

しかし、なかなか登山に出発するグループが出てきません。

様子を見てみると、登山に向けての装備の点検や、登山で利用するコンパスの使い方などを再確認していました。



そして、いよいよ登山スタート。

最初の目的地は中蒜山。中蒜山に行くためには険しい上り坂や下り坂を乗り越えて行かなければなりません。

選手一人一人が声を掛け合って、励ましあいながら中蒜山を目指しました。

そして、声を掛け合って励ましあいながら歩いた結果、無事に最初の目的地である中蒜山に到着することができました。

中蒜山の頂上に着き、選手は一安心したような表情をしていました。



中蒜山で昼食を食べた後、出発。

登山スタート時は曇りだった天候も中蒜山を出発時には雪が少し混じる天候になっていました。

しかし、天候が変わっても、選手は動揺することなく声を掛け合いながら今夜のビバーク地を目指しました。



上蒜山の頂上を通過し、今晩のビバーク予定地を目指し下山していましたが、道を間違え、計画していたビバーク予定地にたどり着かないというトラブルが発生。

日没の時間も迫っていたので、急遽ビバーク場所を選定することになりました。

場所の選定後は、夜の寒さに耐えられるように、すぐにテントを張り防寒対策をとりました。

このようなトラブルも登山をおこなう上では想定内で、登山スタッフの入念な準備の甲斐あって、危険なくトラブルを回避しビバークすることができました。



テントを張り防寒対策をおこなった後は、夕食です。

選手は明日の下山に備え、夕食を食べて体力回復に努めていました。

夕食後は各グループの反省会を行い、明日へ向けての準備をし、今日の日程を終了しました。



このページの先頭へ