• 株式会社グロップ
  • 株式会社アン・ドゥー
  • 株式会社ハローズ
  • おかやま信用金庫
  • 山陽新聞社
  • 株式会社ウィンスポーツ(PENALTY/ペナルティ)
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2018.05.21

お知らせ

「2018倉敷“夢”チケット」 デザイン募集開始のお知らせ

ファジアーノ岡山では、9月29日(土)アルビレックス新潟戦を『倉敷サンクスマッチ』として開催いたします。
倉敷市とファジアーノ岡山では、この倉敷サンクスマッチの開催に合わせ、「倉敷“夢”チケット」のデザインを倉敷市内の中学生以下の皆さまより募集いたします。
デザインのテーマは「ぼくたち、わたしたちの倉敷市 夢の世界」。みんなが思い描く夢の倉敷、こんな倉敷になったらいいなという思いを自由に描いてください。
なお、採用された作品デザインは、アルビレックス新潟戦のファジアーノ岡山Jリーグ公式戦チケット(A自由席前売りチケット)として、倉敷市内を中心に販売する予定です。また、ご応募いただいた全作品を倉敷市内等で展示も予定しております。

たくさんのご応募をお待ちしております。
 
<倉敷“夢”チケットとは>
倉敷“夢”チケットは、ホームタウンの一つである倉敷市と連携し、倉敷市内に在住、または通学している子どもたちから“夢”をテーマにした絵を募集し、全応募作品より1作品をチケットのデザインとして採用するものです。
ファジアーノ岡山はこうした企画を通じ、クラブの理念である「子どもたちに夢を!」をキーワードに、子どもたちに「夢を持つことの素晴らしさ」「夢に向かって努力する事の大切さ」を伝えてまいります。

2010年~2016年の最優秀賞作品

◎2018年のデザインテーマは、「ぼくたち、わたしたちの倉敷市 夢の世界」
今回で9回目の実施となる倉敷“夢”チケット。子どもたちに倉敷をより身近に感じてもらいたいとの思いから、デザインテーマを「ぼくたち、わたしたちの倉敷市 夢の世界」としてデザインを募集いたします。皆さまが思い描く夢の倉敷、こんな倉敷になったらいいなという思いを自由に描いてください。
 
<募集要項>
◆主催:倉敷市、株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ 後援:倉敷市教育委員会

◆デザインテーマ:「ぼくたち、わたしたちの倉敷市 夢の世界」

◆応募期間:2018年5月21日(月)〜2018年6月27日(水) ※6月27日消印有効

◆応募資格:倉敷市内にお住まい、または通学している中学生以下の園児・児童・生徒

◆応募方法:A3サイズの用紙(コピー用紙可)
 専用用紙は、こちらからダウンロードしてください。
 ※裏面に絵の説明と、学校・学年・氏名(ふりがな)・連絡先を必ず明記してください。 

◆作品応募先:
 〒704-8163 岡山県岡山市東区升田614-11
 株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ 「夢チケットデザイン応募係」

◆選考/発表日:7月中旬(予定)

◆選考基準:子どもらしい豊かで、ユニークな発想と展開力をポイントにして選考いたします。

◆販売場所:調整中

◆販売席種:A自由席のみ(大人/ジュニア)

◆各賞
 最優秀賞1名、倉敷市長賞1名、監督賞1名、キャプテン賞1名、選手会長賞1名、ファジ丸賞45名

◆受賞者特典
・最優秀賞の作品は、9月29日(土)アルビレックス新潟戦のチケットデザインに採用!
・その他にも各種特典が盛りだくさん!
 倉敷サンクスマッチへご招待…各賞受賞者とご家族1名をアルビレックス新潟戦にご招待(各賞受賞者50組100名様)
 倉敷サンクスマッチでのエスコートキッズ…選手と一緒に入場できます(受賞者の中から抽選)
 倉敷サンクスマッチのニアザピッチ…試合前のピッチ内を堪能できます(受賞者の中から抽選)
 作品展示・・・倉敷市役所等で実施

◆応募上の注意    
・応募作品は、応募者自身の作品で未発表のものに限ります。応募作品は返却できません。
・応募者の個人情報は、募集に関する目的以外では使用いたしません。
・応募作品はチケットデザイン選考だけでなく、応募作品の展示会、ホームページやチラシなどにも使用させていただく場合がございます。(ご応募いただいた時点で、同意されたものとさせていただきます)

◆お問合わせ先
 株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ
 TEL:086-948-5654
 


【2017年 倉敷“夢”チケットデザイン】
 採用者:倉敷市立万寿小学校 3年生(8歳) 福武 壌太朗(ふくたけ じょうたろう)さん

福武さんコメント:僕とファジ丸と仲間の猿と犬が一緒に美観地区の舟にのっています。僕が「1」を掲げているポーズはファジアーノにJ1にいってほしいという思いを込めています。
デザイン採用者の倉敷市長訪問(受賞式)の様子(2017年)
このページの先頭へ