ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2018.09.14

アカデミー

ファジアーノ岡山U-15「キャリア・デザイン・サポートプログラム(Jリーグ版[よのなか]科)」の実施について

Jリーグでは、2010年より、Jリーグの人材育成活動における選手教育の新たな取り組みとして、文部科学省の競技者・指導者等のスポーツキャリア形成支援事業を業務受託し、「キャリア・デザイン・サポートプログラム(Jリーグ版[よのなか]科)」を実施しています。
これは、プロの競技者を目指す人材にとって適切な“キャリア” についての考え方や心構え、社会人として適切な就労観や職業観の醸成を目的に実施するもので、将来、地域で活躍、貢献できる人材の育成を目指しています。

弊クラブでは、2013年より、ファジアーノ岡山U-15(U-14/中学2年生)を対象に毎年実施しており、このたび全5回のプログラムの初回を9月12日に行い、18名の選手と17名の保護者が参加しました。
各回のテーマは以下のとおりです。

◆9月12日
 第1回:Jクラブをとりまく“お金”から仕組みを考える

◆9月26日
 第2回:Jリーグがめざすものを考える

◆10月10日
 第3回:Jリーグをとりまく職業を考える
 第4回:職業と「意志」「役割」「能力」の関係を考える

◆10月24日
 第5回:自分のキャリアイメージプランを考える

 

第1回となった9月12日の講座では、妹尾隆佑コーチがファシリテーターを務め、テーマに沿って選手個人で考えた意見を発表したり、グループで話し合って他者の意見を取り入れたり、様々な角度や視点で物事を考えることにチャレンジしました。  

グループワークも実施
各グループで発表も行いました
この日のゲストティーチャーだった北川真也取締役社長からは、クラブの経営などについて話をしました
pagetop