• 株式会社グロップ
  • 株式会社アン・ドゥー
  • 旭ホールディングス株式会社
  • おかやま信用金庫
  • 山陽新聞社
  • 株式会社ウィンスポーツ(PENALTY/ペナルティ)
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2010.05.23

アカデミー

22日本クラブユースサッカー選手権大会 岡山県大会 決勝ラウンド 第4節の結果

日本クラブユースサッカー選手権大会 岡山県大会 決勝ラウンド 第4節の結果についてお知らせいたします。

 ファジアーノ岡山FC U-15 vs サウーディFC
4(前半:3-0 後半:1-1)1

(会場)美作ラグビーサッカー場人工芝

(キックオフ)5月22日13:30

(メンバー)GK 芝垣   DF 厨子 原田 板野 埜村  MF 西林 加藤 浅野 山本  FW 木庭 下山

(SUB) 古家 杉原 中野 藤井 草地 神崎 前原 奥山 古川

(得点経過)
前半6分 得点(得点者:加藤 1−0)
前半16分 得点(得点者:木庭 2−0)
前半21分 得点(得点者:木庭 3−0)
後半20分 得点(得点者:浅野 4−0)
後半31分 失点(4−1)

(交代)
後半19分 西林 → 古家
後半22分 山本 → 草地
後半26分 下山 → 中野
後半29分 厨子 → 杉原
後半33分 原田 → 前原

(妹尾コメント)
中国大会出場のかかった大切な大切な一戦。そういった緊張感からか,固さの見られる立ち上がりとなりました。
しかし,積極的に前(ゴール)を目指す姿勢と,激しく意欲的にボールを奪いにいく姿勢とでペースを握り,前半の早い段階での先制点,そして中盤の追加点で,落ち着いてゲームを進めることができました。
Att.3rdの崩しの部分でも,ギャップを生かした複数人でのコンビネーションも見られるようになりました。積極的に前を狙う姿勢は評価できつつも,一発で裏や前ばかりを狙い,攻撃に厚みや変化が乏しかった決勝ラウンド前節までの戦いから,成長の見られるゲームとなった気がしています。
ただ,ロングボールに対するDFラインの対応や,フィニッシュの更なる改善は依然として大きな課題であると感じています。
課題の克服,そして手ごたえの感じることのできた部分の更なる磨き上げを徹底的に行い,次の大会へと臨みたいと思います。
この勝利で,何とか中国大会出場を決めることができました。苦しむことの多かったこの岡山県大会ですが,粘り強く戦った選手達,そしてチームを支えてくださった保護者・サポーターの皆様方,スムーズな大会運営に関わって下さった多くの大会関係者の皆様方,本当にありがとうございました。
中国大会もがんばります。

このページの先頭へ