• 株式会社グロップ
  • 株式会社アン・ドゥー
  • 株式会社ハローズ
  • おかやま信用金庫
  • 山陽新聞社
  • 株式会社ウィンスポーツ(PENALTY/ペナルティ)
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2016.09.25

試合

J2第33節 V・ファーレン長崎戦 監督・選手コメント

2016明治安田生命J2リーグ 第33節
9月25日(日)14:03キックオフ @シティライトスタジアム

ファジアーノ岡山 0-0 V・ファーレン長崎
前半 0-0
後半 0-0


◆長澤徹監督
雨にもかかわらず8,000人を超えるサポーターの皆さんが来てくれて、本当に感謝している。今日は運動会とかがあったと聞いていたが、スタンドを見ると子どもとかが駆けつけてくれていたので、勝点3が欲しかったが長崎の堅い守備を開けられなかった。
ゲームの方は、お互いによく出方も分かっているし、スタイルもがっちり噛み合うゲームというのは分かっていた。前半のこぼれて来たところの押谷のシュートはディフェンダーのヘディングでクリアされたり、最後押し込んで行ってボレーもキーパーの反応とかで最後にかき出されたり、最後の最後のところでしっかり閉めてくるあたりは、やっぱり高木監督のチームは素晴らしいなと思った。
同時に我々も開けさせず、基本的な展開はがっちり噛み合った状況だった。入り方で相手が1つ2つパターンを作ってきたが、すぐにこちらの立ち位置も対応してそれを全部クリアしながらゲームが進み、堅い展開になった。そういう時に何が開けるかと言うと、矢島がリスクを負って2回ぐらいドリブルでペナルティエリアに進入して行ったが、ああいったプレーがしっかりものになってくればいいと思うし、堅い中にも勇気を出して矢島だけではないが途中から出て行った藤本や片山も含めて、その辺がもう少し出てくれば良くなると思う。
とはいえ、残り試合もすべてこういう形で来るし、やはり相手チームも目標がはっきりしているので、今日であれば引き分けをしっかり狙ってリスタートとかしっかり時間を掛けて来ることは分かっている。これをしっかり破っていくのが今年の最初からの課題なので、そんなに調子よくは行かせてもらえないが、岡山に対するフットボールの神様の宿題だと最初から分かっているので、これを全体でぶち破るために政田に帰ってしっかりトレーニングして、来週に臨みたいと思う。

 

◆豊川雄太選手
最近ずっとこういう流れが多く、勝てないことが続いているが、どうにかこの流れを断ち切れるようにやっていかないといけない。
途中から入って0-0の状況で、得点を目指したが、最近の悪い流れを変えられず、そのまま終わる展開となってしまった。(今は)攻撃が全然機能していないし、それを改善しないと先には進めない。守備陣はゼロに抑えてくれているから、攻撃陣が何とか1点を取らなくてはいけない。
(これからの戦いについては)点を取らないと勝てないから、しっかりと点を取って、引き分け(熊本戦)、引き分け(今日の試合)と来ていて勝点を落としているので、これでまた上位と離れてしまったし、しっかりと勝点3を取りたい。

 

◆渡邊一仁選手
そう甘くないと感じた。決定機もあったが、特に後半はプラン通りに進んでいたにもかかわらず、点が取れなかったり、最後のパスの精度が低かったりして、そういう細かいところを突き詰めないと勝てないと感じた試合だった。
(残り時間が少なくなっても)ピッチの中でも、「1本チャンスはある」という声も出ていたので、雰囲気はピッチ内でも悪くなかったがあと一歩だった。大胆に行くところが、もう少しチームとしてあっても良かったと思うし、個人としてもリスクを負ってドリブルで剥がしに行くとか、そういうプレーがあれば展開が変わっていたかもしれない。
チームとして0点で2試合抑えられたことはプラスにとって良いと思うが、それを継続しながら、どれだけ攻撃で人数をかけてアタッキングエリアの精度を高められるかだと思う。
これからは、目の前の1戦1戦をどれだけ決勝戦のような気持ちで臨めるかだと思う。精神的にそこを充実させて試合に臨みたい。

 

◆矢島慎也選手
無失点で終えられたことは、我慢する時間帯でポロっと失点せずに、粘り強く戦っていけているところが表れているのだと思う。
前半はマンツーマンでマークされていたが、それでも決定機は1つ作れたし、後半にも決定機を作っているので、あれで入らないのはやり続けるしかないし、あとは自分で決める力が欲しい。これからも続けるしかないと思っている。
(打開しようとするプレーも見られましたが?)誰もやらないのであれば、自分がやるしかないと思った。でも誰もやらないというよりは、全員勝ちたいし、今いい順位につけているから勝ちたいし、もう一歩みたいなところが監督も言っているところで、ホームだし、リスクを負ってでも点を取りに行かないといけない状況だった。そこでボランチが一歩踏み出してペナルティエリア内に進入して行ったときに、今日に限って言えばチャンスが生まれていたし、そういうシーンを前の3人だったり、ワイドを使ったり、どんどんみんなで出てきたらいい攻撃になるんじゃないかと、そういうところを監督も言っているんだと思う。
(今後は上位チームとの対戦もありますが?)後のことを考えてやっていると足元をすくわれるというか、目の前に集中できていない。今は上位陣と対決というのは個人的には考えておらず、その時はその時かなと。それよりも前回の対戦で負けている岐阜との対戦を、まずは考えている。

このページの先頭へ