ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA」ロゴ

クラブ

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

クラブ概要

クラブ理念

子どもたちに夢を! 「自分たちの街に、緑の芝生に覆われた広場やスポーツ施設をつくること」「スポーツを通して世代を超えた触れ合いの輪を広げること」などを目指した、「Jリーグ百年構想」の理念に深く賛同し、岡山の地においてそれらを具現化すべく当クラブを発足しました。そして、クラブ理念として「子どもたちに夢を!」を掲げていま
      す。「岡山の誇りを背負って戦う選手と子どもたちが仲間になる」「家庭と地域と学校の三者が協働できる社会作りに貢献する」「岡山の誇りとなる存在になる」ことを目標にしています。

クラブ概要

会社名

株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブ

代表取締役

木村正明

本社所在地

〒704-8163
岡山市東区升田614-11 政田サッカー場

代表電話番号

086-948-5654

設立日

2006年7月13日

ホームタウン

岡山市、倉敷市、津山市を中心とした岡山県全域

ホームスタジアム

シティライトスタジアム

ホームページ

http://www.fagiano-okayama.com/

チーム名の由来

ファジアーノ(Fagiano)とはイタリア語で「キジ(雉)」の意味。キジは岡山県を代表する鳥として、県鳥に指定されている鳥。
また、郷土に古くから伝わる桃太郎伝説でキジが鬼退治に活躍したことにちなみ命名。

チームカラー

ファジアーノレッド

ロゴエンブレムフラッグ
2016チームユニフォーム
マスコット

クラブ沿革

1975
川崎製鉄水島製作所(現JFEスチール西日本製鉄所)のサッカー部OBによりRFK(リバーフリーキッカーズ)を結成。
2003
RFKを中核とし、岡山県サッカー協会役員をはじめとしたサッカー関係者が中心となり、「ファジアーノ岡山FC」が誕生。
2004
クラブの母体組織「NPO法人ヒューマンスポーツクラブ」設立。社会人岡山県リーグ1部優勝。中国サッカーリーグへ昇格を果たす。
2005
中国サッカーリーグを2位の成績で終了。全国地域リーグ決勝大会へ初出場するも、惜しくも予選敗退。
2006
運営組織を株式会社化。株式会社ファジアーノ岡山スポーツクラブを設立。中国サッカーリーグ優勝。
全国地域リーグ決勝大会で3位の成績を収めるが、惜しくもJFL昇格ならず。ホーム最多入場者数6,831人(9/24 JFEスチール西日本戦・年間平均2,265人)
2007
中国サッカーリーグ連覇(17戦全勝)。地域リーグ所属チームでは全国初となるJリーグ準加盟を承認される。第31回全国地域リーグ決勝大会優勝。JFLへの昇格を果たす。ホーム最多入場者数9,262人(7/8佐川急便中国戦・年間平均3,165人)。1月に「ファジアーノ・フットサルパーク」がオープン。
2008
ジュニアユース(中学年代)が発足、JリーグU-13サザンクロスに加入。
第89回天皇杯本大会に初出場。3回戦敗退。
JFLリーグ戦で4位の成績を収め、12月1日にJ2加盟が認められる。ホーム最多入場者数は11,053人(11/23 栃木SC戦・年間平均3,664人)
2009
Jリーグ元年。Jリーグディビジョン2に初参戦。全51試合を戦い、全18チーム中18位。ホーム最多入場者数は13,228人(4/12 横浜FC戦・年間平均6,162人)
選手育成のため「ファジアーノ岡山ネクスト」を結成。岡山県社会人リーグ1部優勝。
2010
Jリーグディビジョン2・2シーズン目。全36試合を戦い、全19チーム中17位。ホーム最多入場者数は11,290人(7/30 札幌戦・年間平均7,161人)。ファジアーノ岡山ネクストは中国サッカーリーグ第4位。7/30にオフィシャルグッズショップ「ファジスクエア」がオープン。
2011
Jリーグディビジョン2・3シーズン目。全38試合を戦い、全20チーム中13位。
ホームゲームの平均入場者数は、7,258人(最多入場者数は8/14東京V戦・10,490人)。
「ファジアーノ岡山ネクスト」は中国サッカーリーグ第3位。U-18(高校年代)が発足。
2012
Jリーグディビジョン2・4シーズン目。全42試合を戦い、22チーム中8位。ホームゲームの平均入場者数は、7,985人(最多入場者数は7/8横浜FC戦・12,618人)。
「ファジアーノ岡山ネクスト」は中国サッカーリーグ第2位。
全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンド第4位。
2013
Jリーグディビジョン2・5シーズン目。全42試合戦い、22チーム中12位。ホームゲームの平均入場者数は、8,574人。
8月4日のG大阪戦では、クラブ史上初のチケット完売、そして18,269人の入場者数となった。9月15日松本戦にて、Jリーグホームゲーム100試合目を迎えた。「ファジアーノ岡山ネクスト」は、中国サッカーリーグ優勝。全国地域サッカーリーグ決勝大会決勝ラウンド準優勝し、JFL昇格が決定。
2014
Jリーグディビジョン2・6シーズン目。全42試合を戦い、22チーム中8位。ホームゲームの平均入場者数は、8,404人。
初の瀬戸大橋ダービーとなった7月5日讃岐戦は、入場者数12,359人。2014シーズン最多の入場者数となった。
「ファジアーノ岡山ネクスト」は、初挑戦となるJFLで14チーム中11位となった。2010シーズンより5年間指揮を執った影山雅永監督が退任。
2015
Jリーグディビジョン2・7シーズン目。長澤監督新体制として迎えたクラブ創設12年目の節目のシーズン。
全42試合を戦い、22チーム中11位。ホームゲームの平均入場者数は8,412人。「Challenge1」を掲げたが、平均入場者数1万人には届かなかった。
3/21セレッソ大阪戦は前売でチケット完売。歴代2番目となる15,820人が来場した。
「ファジアーノ岡山ネクスト」はJFL2年目のシーズンを戦い、16チーム中15位となった。

pagetop