ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA」ロゴ

クラブ

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

ホームタウン活動

ホームタウン活動紹介 2013

サッカー教室(選手・コーチの派遣)
選手やコーチが持っているノウハウを活かし、幼稚園、保育園、小学校、スポーツ少年団などを中心にサッカー教室を実施しています。2013年度は171回、延べ11,377人の皆さんと交流することができ、こうした活動を通じて、サッカーや体を動かすことなどの楽しさを伝えていきたいと思います。

政田サッカー場体験事業
2013年4月にオープンしたファジアーノ岡山の練習拠点でもある政田サッカー場。2013年度は近隣の政田小学校のみなさんを招待し、選手が練習している天然芝を裸足で体験してもらいました。普段体験することのできない天然芝で、子どもたちは目を輝かせ大いに楽しんでいる様子でした。今後もこうした天然芝体験事業を実施していきたいと思います。

地域との活動
地域に愛されるクラブを目指し、町内会や地域のイベントなどに参加させていただいています。町内会の盆踊りや地域のフェスティバルでステージショーなどを行いました。今後もファジアーノ岡山を身近に感じていただけるよう、地域へ積極的に出ていきたいと思います。

小学校との関わり
自治体との連携や、クラブの活動を通じ、小学校とも積極的に交流しています。選手が講師となり、プロ選手の経験や夢を持つ大切さを伝える学校訪問や、自分の夢をテーマに倉敷デーのチケットをデザインする「倉敷“夢”チケット」の募集などに取り組んでいます。今後もこのような活動を通じて、夢を持つ大切さや夢について考えるきっかけになれたらと考えています。

街への広がり
ファジアーノ岡山をより多くの方に知っていただくため、地域の皆様と一緒にクラブの告知活動を行っております。 2013年度も、サポーターやボランティアの方々と協力し商店街や商業施設などへ、試合告知のポスターを掲出するポスターローラー作戦を実施しています。また、奉還町商店街では岡山大学のまちづくりの活動と連携し、試合結果バナーの設置や必勝絵馬のイベントなど、クラブを知っていただくきっかけを作っていただいています。 こうした地域の協力をいただきながら、今でも街に少しずつファジアーノ岡山が広がっています。

晴れの国トップアスリート派遣事業の活用について

(公財)岡山県体育協会は晴れの国トップアスリート派遣事業を展開しています。競技力の向上と地域のスポーツ振興を図るため岡山県内に活動拠点を置き地域に密着して活動し、日本のトップリーグ等で活躍しているチーム、晴れの国おかやま国体以降の国民体育大会で入賞した選手及び指導者、又は岡山県スポーツリーダー(以下「トップアスリート等」という。)を市町村や地域スポーツクラブ、スポーツ少年団、学校等へ予算の範囲内で派遣するものです。

● 申し込み方法
ファジアーノ岡山によるサッカー教室などをご希望の主催者(市町村、市町村教育委員会、市町村体育協会、地域スポーツクラ ブ、スポーツ少年団、小・中高等学校等)は、実施要領をご確認いただき、(公財)岡山県体育協会へお申し込みください。

お問い合わせ先:(公財)岡山県体育協会
電話086-256-7101 FAX 086-256-7105

派遣申請書ダウンロード
http://www.okayama-taikyo.or.jp/dispatch/

実施要領はこちら
http://www.fagiano-okayama.com/pdf/25topathlete.pdf

ホームタウン活動紹介 2012

サッカー教室(選手・コーチの派遣)
選手、コーチが学校やイベントに出向きサッカー教室を実施しています。
2012年度は、晴れの国トップアスリート派遣事業などを通じ、岡山県内の保育園・幼稚園・小学校・スポーツ少年団などを巡回し、179回、延べ11,270人の皆さんと交流しました。これからも地元岡山の子どもたちとサッカーを通して触れ合い、からだを動かす大切さやサッカーの楽しさを伝えていきたいと思います。

※晴れの国トップアスリート派遣事業詳細はこちら

健康づくり教室
自治体と連携し、運動指導の経験を持ち寄り、「心身のリフレッシュ」や「運動不足解消」「健康増進」を目的とした健康づくり教室を実施しています。2009年よりスタートした「歩け歩けウォーキング(岡山市)」、2011年よりスタートした「健康づくり教室(倉敷市)」では、運動を通して参加者の皆さまと笑顔で健康に交流することができました。

地域との活動
町内会や商店街など多くのイベントに参加させていただき、地域の皆さまと交流を深めています。
2012年度は、初めて公民館・図書館(岡山市)で応援展示コーナーを設け、普段伝えることのできない試合風景や広場イベントのにぎわいなどを各地域において情報発信することができました。今後も活動を通して、地元岡山を地域の皆さまと一緒に盛上げていきたいと考えています。

自治体との連携
ホームタウンデーの開催やイベント参加など、多くの分野で自治体と連携して活動しています。2012年度のホームタウンデーでは、 行政を通じて「倉敷“夢”チケット」のデザイン募集や、働く車「消防車・救急車」「白バイ・パトカー」の展示、選手による人権啓発メッセージパネルの展示など、新たな取り組みを実施することができました。今後も自治体と連携し、試合を盛上げ、地域に根ざした活動を続けていきます。

町への広がり
各地域の多くの方が目にする場所を利用し、ホームゲームやホームタウンデー開催のPRをしました。また、より多くの方にファジアーノ岡山の試合開催を知っていただくため、年に数回サポーター・ボランティアを中心に、地域の皆さまのご協力をいただき、岡山県各所にポスター掲出活動を行っています。町内会を中心にご協力いただいている「のぼり活動」は、年々本数も増え、現在も多くの方に支えていただいています。今後も地域の皆さまとともに、しっかりと基盤を作りたいと思います。

ホームタウン活動紹介 2011

サッカー教室(選手・コーチの派遣)
選手・コーチによるサッカー教室も年々活動回数が増え、2011年は幼稚園・保育園や小学校、スポーツ少年団などを中心に、年間170回、延べ9,862人のみなさんと交流ができました。「子どもたちに夢を!」の理念のもと、サッカーを通じてこれからも積極的に交流を進めていきます。

※晴れの国トップアスリート派遣事業詳細はこちら

介護予防・健康づくり教室
2009年より介護予防・健康増進を目的として始まった「歩け歩けウォーキング」も3年目を迎え、岡山市の協力のもと、参加者の輪が少しずつ広がって参りました。また、2011年には新にバランスボールなどの運動も取り入れた「はつらつ健康運動教室」を倉敷市で開催しました。クラブとしても自治体や関係団体と協力し、介護予防や健康づくりの活動をこれからも開催していきます。

地域との活動
町内会を中心に協力頂いております「のぼり活動」も、2011年で2年目となり、地域の皆様のご協力で、のぼりの本数も少しずつ増えました。また、クラブからもホームタウンの皆様により身近に感じてもらえるように「うらじゃ」をはじめ、町内会や商店街など多くのイベントに参加させて頂きました。これからも岡山のクラブとして地域の皆様と共に活動の輪を広げていきたいと思います。

行政等との連携
ホームタウンデーの開催やイベント参加など多くの分野で自治体と連携して活動をしています。今年は「早ね早起き朝ごはん」や「住宅用火災警報器」のポスターなど選手が参加し、啓発活動に協力させていただきました。また、中四国4クラブにより、各クラブ連携し地域の観光や物産を PR する「PRIDE OF 中四国」を 2011 年に初めて実施しました。
これからも、活動の幅を広げ地域に根差したクラブとして活動していきたいと思います。

ホームタウン活動紹介 2010

ホームタウン活動と地域の連携
2010年度も、地域の皆様にホームタウン活動を通じ、様々な活動にご協力いただきました。
その中で、学区全体でファジアーノ岡山を応援していただく「応援タウン」には、現在岡山市内の4つの連合町内会にご賛同いただき、のぼりの掲出活動など地域の盛り上がりのサポートをしていいただいております。
ファジアーノ岡山が、岡山県民の皆様に愛されるクラブになれるよう、ホームタウン活動を通じて、地域の皆様との関わりをより一層深めていきたいと思います。

介護予防事業
2009年より、ホームゲーム開催時に、介護予防・健康増進を目的としたウォーキング大会を岡山市と共催により実施しております。
2010年度は5月16日(東京V戦)と、9月26日(甲府戦)の計2回開催いたしました。
両日とも快晴で、絶好のウォーキング日和となりました。参加者の皆様にはスタジアム周辺の自然を感じていただきながら、ウォーキングを楽しんでいただきました。

地域のお祭とファジアーノ
ホームタウン活動の一つとして、岡山県内の様々な地域のお祭・イベントに参加させていただきました。その中でもクラブマスコットのファジ丸は多くのお祭・イベントに登場いたしました。
地域の伝統あるお祭に、ファジアーノ岡山が参加させていただく意味を感じながら、本年度も、多くの方々と交流を図ります。

サッカー教室
選手とコーチが、出前サッカー教室を実施しております。
2010年度は岡山県内の幼稚園や小学校、スポーツ少年団を中心に、143回、のべ7384人の子どもたちとサッカーを通じて、交流することができました。
サッカー教室では、サッカーの技術向上だけでなく、体を動かすことの楽しさ、仲間と一緒にプレーする楽しさも、同時に伝えていきます。

ホームタウン活動紹介 2009

介護予防と健康増進を目的としたウォーキング大会を実施。
Jリーグ介護予防事業(2009年6月23日、9月23日)
第1回歩け歩けウォーキング(岡山市と共催)
岡山駅東口から奉還町商店街を通りkankoスタジアムまでの約3キロをウォーキング。36名の方に参加いただきました。

第2回歩け歩けウォーキング(岡山市と共催)
後楽園往復コース8キロと県総合グランド内一周約3キロの2コースを実施。8キロコース55名、3キロコース95名、計150名の方に参加いただきました。 
当日は天満屋陸上部の選手の皆様も参加し、ストレッチの指導と参加者の皆様と一緒に歩いていただきました。

ファジロードのぼり掲出プロジェクト
岡山駅西口からスタジアムまでの約1.5キロの道沿いに試合当日のぼりを掲出する活動。
岡山商工会議所青年部有志の方々から始まったのぼり掲出活動は奉還町商店街のご協力をいただき沿道で多くのサポータを迎えました。
また、社団法人おかやま観光コンベンション協会のスポーツ&観光コラボレーション事業の一環で、「ようこそおかやまへ」「子どもたちに夢を!ファジアーノ岡山」ののぼりを制作、沿道各店舗様へ掲出依頼をしていただき活動はさらに広がっています。

サッカー選手派遣事業
2009年は岡山県晴れの国トップアスリート事業等を活用し、約60回の選手の派遣やサッカー教室を開催。のべ2500名以上の子どもたちへサッカー指導及び交流を図りました。

pagetop