ファジアーノ岡山 FAGIANO OKAYAMA」ロゴ

ニュース

low-header-bg
  • facebookアイコン
  • googlePlusアイコン
  • lineで送るアイコン
  • はてぶアイコン

2018.07.07

試合

J2第22節 東京ヴェルディ戦 監督・選手コメント

2018明治安田生命J2リーグ 第22節
7月7日(土)18:03キックオフ @味の素スタジアム 

 

東京ヴェルディ 0-1 ファジアーノ岡山
前半 0-0
後半 0-1

59分 仲間隼斗

 

◆長澤徹監督
600人を超えるサポーターが来てくださったが、岡山だけではないが西日本中心に非常に大変な状況にある中で、来れなかった人のためにも・・・と横断幕にも出ていたが、そういう横断幕も見て選手が本当に気力を振り絞ったようなゲームだった。大変な状況の方もいらっしゃると思うが、そういう中で我々のプレーが少しでも励みになるのであれば・・・という強い意志が選手の中にはあったと思う。
ゲームのほうは、近場で特殊なゲーム(6月27日再開試合)をやり、お互い、間が空くと感覚を忘れてしまうものだが、プレーのスピードとか、ボールを入れてくるタイミングなどの感覚が残っているまま今日は入れたので、前回のゲームをしっかり生かせて入れたと思う。
前半、スライドのところ、ポジショニングで駆け引きしてくるチームなので、なかなか前にかけられないところがあったが、完全に自分たちのディフェンスを圧縮するやり方で対応して、時間経過とともに少しペースができたらと思っていた。
奪ったとき、少しボールの行き先を捜しているうちに潰されることがあったので、奪いきることはできていたがその先が少し詰まっていた感じだったので、そこだけ整理して後半に入っていった。スムーズに流れ始めて一つ、二つ来るかなと思ってたが、ジャストであそこにボールが来たので、論理的な得点を選手たちが作ったと思う。
その後は当然あのような体勢になるが、細かいことを徹底して、今シーズン立ち上がったときから、ボックスのところは見せ場だと選手たちも思っているので、そういうところでしっかり勝点を取れた試合。
次の試合がまた来るので、しっかりトレーニングして臨みたい。

 


◆仲間隼斗選手
勝てない時期が少し長かったので、素直に嬉しい。もちろん勝つつもりで試合に入ったし、昨日今日と大雨が岡山であって、やっぱり来たくても来れない人がいたと思うので、そういう人たちのためにも頑張ろうと思った。
最近クロスからの練習をしていて、椋原選手がいいボールを上げてくれたので合わせるだけだった。前半はプレッシャーの部分で相手に上回られていた部分があったので、後半に向けて、しっかりブロックを敷いて耐えるところは耐えて、攻めるところは全員で行こうという意思疎通ができた結果が、ああいうゴールになったと思う。
2試合連続ゴールはなかなか無いことなので嬉しい。サポーターの皆さんと喜び合いたかったし、横断幕にも来れない人たちの分まで・・・と書かれていたので、そういう人たちに少しでもいいニュースを届けられたらいいなと思って、ゴール後にサポーターのところへ向かった。
岡山らしいゼロで抑えて、1点で勝つという堅守が目立った試合だった。勢いに乗れると思うので、もう一度全員で気を引き締めて後半戦2戦目からやっていきたい。

 


◆後藤圭太選手
なかなか苦しく勝てない時期が続いていたので、とにかくどんな内容でも勝ちたい気持ちが強かった。
すべてが上手くハマっていたわけではないが、それでもバラバラにならずにチームが一つにまとまっていることを強く感じた。
(怪我で出場できない日々には)チームとして苦しい時期もあったが、この前の再開試合のヴェルディ戦を見ていて、勇気というかチャレンジ精神を感じたので、この勢いがあれば近いうちに間違いなく結果が出ると感じていた。
今日はアウェイで、ホームよりも身体的にきつく、湿度も高かったので、動こうというより周りをみて危険なところを抑えられたら良いと思っていた。
(試合後倒れこんでいましたが?)結果が出ない中でチームは苦しんでいたので、やっと勝てたことで試合後は気持ちがこみ上げてきた。
岡山で大雨の被害があって、スタジアムに入ったときに横断幕で来れない人のためにも・・・と書いてあって、それが飛び込んできたので、勇気が沸いて気持ちがより一層入った。この気持ちを忘れずに、もっともっと成長して、最後に笑って終わりたい。

 


◆椋原健太選手
勝てて安心、ホッとした。終わったあと、後藤選手がうずくまって涙ぐんでいたが、それぐらい選手たちは気持ちが入っていたし、ゼロへのこだわりがあったし、それが今のリーグ最小失点につながっていると思う。それで勝つというのが自分たちのスタイルで、自分たちの土俵に持ち込んで勝てた良いゲームだった。
(得点のアシストは)齊藤選手がいいボールを落としてくれて、僕は中を見ないで蹴った。中の選手を信じてあそこにいいボールを蹴ることだけで、そこに選手が入ってくると信じていた。よく仲間選手が大きな選手に競り勝ってくれたなと。
今回は勝ちに繋がったアシストなので、金沢戦より嬉しい。仲間選手は今得点が取れているし、どんどん期待したい。
(味スタでのプレーは)ロッカーに入った瞬間や、ピッチの大きさとか観客席との距離とか、やっていくうちに懐かしかった。スタンドにも以前から知る方々が応援に来てくれていたし、岡山からも雨の中来てくださったサポーターもいて、来れなかった人たちの分まで今日戦っていい報告ができたと思う。
リーグ戦の折り返し1試合目を勝てたので、ここから自分たちの戦い方、試合の運び方をもう一度作っていきたいし、ここから先は一度やったチームなので、お互いやり方や戦い方はわかっているので、その中で違いを出せるように自分自身はクロスの質やスプリントのタイミングを磨いていきたい。最終的に上の順位にいて、年末に皆さんと喜び合えるように頑張りたい。

 


◆金山隼樹選手
本当に今なかなか勝てていない状況で、岡山でもたくさんの人が試合に来れなかったり苦しい思いをしているので、この試合は絶対に勝とうという気持ちで、岡山の皆さんに笑顔を届けられるようにという気持ちで試合に入った。
中断した東京ヴェルディ戦も自分が出ていたので、よくわかっていたし、この試合は絶対にリベンジでもあるし、負けられないという思いを持っていて、相手のこともしっかりわかっていたし、抑えるところをしっかり抑えられたので上手くいったと思う。
本当にゼロにこだわるという強い気持ちがあったので、どんなシュートでも止めてやろうという思いだった。
今日は、岡山から来れなかった人のために・・・という横断幕もあったので、そういう気持ちが乗っかったのかなと思う。
チームとしても絶対に勝ちを必要としているゲームだったので、それを手繰り寄せることができて良かった。
今、僕たちの勝利に乗せて前向きな気持ちになって笑顔になれると思うので、次の試合も皆さんを笑顔にできるように、またホームで勝利が取れるように頑張る。

pagetop